低温調理器【ボニーク】は本当に手軽なのか?購入前の注意点

料理

今、雑誌やテレビにも数多く取材され、大ヒットとなっているのが低温調理器のBONIQ(ボニーク)。
誰でも手軽に自宅でミディアムレアのお肉が作れるということで、話題になっています。

低音で調理することによって、お肉の栄養素を失わずに摂取することができ、さらにジューシーに仕上げられるというのがボニークの特徴。
その性能の高さから、専門店でも実際に利用されているとのことですが、
価格は2万円超えとなっており、家庭用調理器としてはやや高めの価格設定。

果たして、値段以上の価値があるのか?今回の記事では、ボニークのコスパ・購入前の注意点・実際の口コミをまとめていきます。

そもそも、低温調理のメリットって?


BONIQ(ボニーク)は、手軽に低温調理ができるということですが、そもそも低温調理することのメリットについてまずはまとめておきます。
低温調理することのメリットですが、お肉が柔らかく食べられる、つまり【お肉のタンパク質が固まらない温度帯で調理できる】ということ。

赤みのお肉は、高タンパクで低カロリーなので、美容や健康・ダイエットに最適ということはテレビなどでもよく言われることですが、
自宅で調理するとパサパサになりがち。外食で食べるとなると、どうしても食費がかさんでしまいます。

そんな場合に、市販の安価なお肉でも、肉汁を逃がさずに調理することができるのが、低温調理。
そしてその低温調理を、超カンタンにできるように実現してくれたのがボニークというわけです。

後ほど紹介しますが、ボニークを使うと、たったの3ステップでパサつきがちな鳥むね肉ですら、想像を上回るほどのジューシーで新感覚のお肉へと変貌してくれます。

ボニークは、どのくらいカンタンに調理できるのか?

低温調理をするには、本来であれば、食材に合わせた加熱温度の管理・厳密な調理温度。
さらに時間の管理をしっかりと行いながら、慎重に調理する必要があります。

市販の安価なお肉も、美味しく調理できる低温調理ですが、どうしても面倒で時間のかかる調理法でした。
それをボニークを使うことによって、たった3ステップで調理することができるので、極端な話、料理初心者でも極上のお肉料理を作ることができてしまうんです。

【ステップ1】
まず、あなた好みの調味料でお肉など調理したい食材に下味をつけます。
それをフリーザーバッグに入れ、空気を抜く事によって、食材に熱を減衰させる事なく伝えられます。
これが、まず最初のステップ。

【ステップ2】
次に、ボニークの時間・温度を設定して、調理する食材をボニークに入れてスイッチを入れます。

【STEP3】
表面に焼き目が入ってきたら、もう完成!
仕上げに、お肉の表面に高温で熱を加えることによって、風味が一段とますので更に美味しく仕上がります。

たったこれだけのステップで調理完了なので、本当に料理初心者でもできてしまうんですね。さらに失敗もなし。
こうして調理することによって、食材のタンパク質が固くなりません。
さらに、湯煎する事で低い温度でもお肉全体にムラなく熱を入れられるので、火の通りが心配なローストビーフやローストポークも手軽に作れちゃうんです。

実際の評価はどうなのか?口コミまとめ


【しっかり美味しい。ただデメリットとしては…】
購入後、すでに色んな素材を調理してますが、特に評判が良かったのはチキンの胸肉です。
その次は、意外にもマグロが公表でした。
豚肉とかもけっこう美味しかったんですが、牛肉に関してはちゃんと良い肉(高い肉)を買わないと、その肉本来の味が表面に出てきてしまいます(笑)
他にもけっこういろいろと試してて、温泉卵なんかも美味しいですね。
デメリット?としては、大きなお鍋は必要ですし、ちょっと価格が高いですが、火を使わないで放っておけるのは安心ですし、手軽ですね。

【ちゃんと簡単!美味しい!】
自宅で美味しいローストビーフを作りたいなーと思って、買いました。
最初にやった時は、よく説明を見ずに適当にやってみたら、火が通りすぎてしまって中まで茶色に…。
次はしっかり説明通りにやってみたら、程よい赤色でばっちり美味しくできました♪
ほんとに味は絶品で、赤肉なのにちゃんと柔らかいローストビーフになっててサイコーです。
今までフライパンで試行錯誤してたことを考えると、ありえないくらいカンタンにできてすごいです。

【料理初心者でも、しっかり美味しくできます】
低温調理に興味があってネットで色々と調べて商品比較した結果、口コミでも評判の良いこちらの商品を購入しました。
ほぼ料理初心者ですが、美味しいローストポークを作れました。
最初に設定さえしておけば、後はおまかせなので、忙しくて時間がない人にもおすすめ。
お肉以外では、トウモロコシの低温調理をやってみたんですが、あまりの美味しさに感動しました。

購入前に注意すべきこと

ボニークの販売メーカーはAmazonでも取扱のある株式会社葉山社中ですが、それ以外のメーカーからも通販では販売されています。
別メーカーから購入した場合には正規のサポート・保証が受けられませんので、その点はご注意ください。

【まとめ】

デメリットとしては、大きい鍋が必要になること、決して安い価格帯ではないことなどが挙げられるボニーク。
ただ、カンタンにかつ極上の調理を可能にしてくれるというメリットはとても大きく、現在はAmazon人気ランキングでも上位に出ているほどの人気ぶり。
今後、新しい時代の調理器として更に普及していくボニークからは目が離せないですねっ!