フィリップスS5050/05は、深剃りと肌への優しさを両立できているか?

シェーバー

フィリップスS5050/05(5000シリーズ)は実際に利用している人の間でも
評価が高いので、今回はメリット・デメリットと特性についてまとめていきます。

シェーバー選びで重視するポイントは人それぞれかと思いますが、深剃り可能という点と、肌に優しいという部分を重視する人は多いかと思います。

最近ではメンズエステも流行ってきているのでヒゲ脱毛をするビジネスマンも多いかと思いますが、やはりそこは今後ヒゲを伸ばす可能性も考慮すると選択肢からは除外…。

そうなるとやはり、「しっかり深剃りできる」と「お肌にも優しい」この2点が両立していることが必須条件になってきます。

ただ、この2点を両立するのって、やはり難しいんですよね。
深剃りに特化すると肌も荒れやすいのは、今までのシェーバー業界では当然のことでしたが、フィリップスS5050/05はどうなのでしょうか。

フィリップスS5050/05ホントにガッチリ深剃りできるの?

フィリップスS5050/05は通常のシェーバーとは違い、3つのヘッドから成り立っています。
この3つのシェービングヘッドそれぞれが5方向に動く形になっているので、深剃りが可能になっているんですね。
そしてもちろん、深剃りだけでなく、剃り残しなくヒゲを剃ることができるというのも大きなメリット。

実際に利用している人の口コミでも、「深剃りできる上にスムーズに移動できる」という評価も出ています。
特に忙しい朝は時間との戦いなので、スムーズに深剃りできるのは、メリットとして大きいですよね。

ただし、ヒゲがかなり濃い人には物足りないという評価も出ています。
ヒゲがそれほど濃くない、一般的な日本人タイプの人であれば満足できる深剃りレベルとなっています。

フィリップスS5050/05深剃りだけど、肌荒れしないの?


フィリップスS5050/05が肌荒れしにくいと言われているのは、これもヘッドが独立して3つ存在しているため。
これによって、フェイスラインにしっかりと吸い付いて剃ってくれます。
その結果として、ストローク回数が減るので、肌への負担も軽減する仕組みになっています。

カミソリの10倍、肌に優しいとまで言われ、実際にフィリップスS5050/05を利用しているユーザーからも
「これだとヒリヒリしない」「痒くならない」「毎日剃っても大丈夫」「満足いくまでグリグリ剃っても肌は痛まない」「使った後も肌がヒリヒリしないため、肌に優しいと思います。」「カミソリよりよく剃れて肌にも優しいです」といった口コミが出ています。

中には、「スキンヘッドに使うので、肌に優しいものが欲しかった。これならベスト」といった口コミも。

特に肌荒れしやすい人、また肌が乾燥してカミソリ負けしやすいシーズンでも肌荒れを気にせず使えるのはありがたいですよね。

フィリップスS5050/05お手入れは面倒?

しっかり深剃りできる、さらに肌にも優しめ。とは言っても、手入れが面倒だと、やっぱる使うのも嫌になってしまいますよね。
それではフィリップスS5050/05はどうなのかというと、本体を丸洗いできるというのも大きなメリットの1つなんです。

ワンクリックで開き、お手入れもカンタン。しかも、本体ごとはを水洗いできるので、しっかり清潔に使い続けることができるんですね。
実際に利用しているユーザーからも、「メンテナンスもしやすくササッと使えるので重宝してます。」「毎朝、使った後に水洗することにしているので、清潔を保ててます。」といった声が出ています。

シェーバーやカミソリは、実は歯ブラシよりも雑菌が繁殖しやすいと言われていますので、清潔に保てているのは安心感がありますよね。

【フィリップスS5050/05まとめ】

今回、ご紹介したフィリップスS5050/05ですが、しっかり深剃りもできつつ肌荒れもしにくいというメリットを体感されている人も多い商品になっていました。

ただし1つ注意すべきは、あまりにも剛毛な人には向かないということ。コスパが良い商品ではありますが、剛毛向きではないという部分は注意すべきです。

それ以外は、バッテリーの持ちも良いですし、モーター音も非常に静かなので、出張が多いビジネスマンにも向いているのがフィリップスS5050/05なんですね。